ブログ

寒暖差アレルギー対策にも!マスク着用のすすめ

命の危険を感じるほどの酷暑が過ぎ去り、すっかり秋らしい気候になってきました。
季節の変わり目といえば、体調を崩しがちな時期ですよね。

秋口になると鼻水の症状に悩まされている方が多いと聞きます。
自分も毎年決まって症状が出てしまう1人です。

くしゃみをする男性

秋の草花やイネ科のアレルギー性鼻炎だろうか?
と考えたこともありましたが、近年になって「寒暖差アレルギー」という名前でその正体を知ることに。

暑かった日中から、ぐっと気温が下がった早朝などに、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり、イライラ、胃腸不良などを発症しやすく、その目安は7℃差と言われています。

寒暖差アレルギーはその名の通り、寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります。
アレルギーとはいえ、花粉症のように原因となる物質があるわけではないので、適切な予防策を取りつつ体調管理をしていくのが望ましいでしょう。

食生活や睡眠を整え、ストレスを溜めないことは基本。
筋肉量が少ない女性が発症しやすいと言われているので、運動をして筋肉をつけるのも効果的です。
また、身体を冷やさないように気をつけましょう。
鼻から入る冷たい空気を防ぐためにもマスクの着用がオススメです。

オーガニックコットンを抗菌・消臭効果の高い柿渋で染めた「柿っ子ちゃんマスク」は、くり返し洗って使えて経済的♪
コットンの優しい肌触りで喉を乾燥からも守ってくれますよ。

  1. 柿渋染め/消臭・抗菌 マスク

    柿渋染め/消臭・抗菌 マスク

ページ上部へ戻る