柿渋染めができるまで

柿から柿渋まで

西条柿の収穫
1.西条柿の収穫

西日本有数の柿産地である八頭町。7月下旬〜8月中旬頃、まだ小ぶりで青い西条柿の果実を収穫します。
鮮度を保つために一旦冷蔵庫に保管します。

収穫された渋柿
2.収穫された渋柿

一度に20トンほどが収穫され、柿渋工場へと集められます。

洗浄
3.粉砕機へ

粉砕機を通る過程で渋柿を砕き、ヘタや種を取り除きます。

圧搾作業
4.搾汁作業

搾汁用のスクリュープレス機で圧力をかけ、汁を絞り出します。
その日の渋柿の固さによって圧力を微調整するには、長年の経験と勘が必要です。

搾り出た果汁
5.搾り出た果汁

搾汁は2回くり返し、一番渋・二番渋を絞ります。
絞った直後の果汁は緑色でフルーティーな香りがします。

果汁のろ過
6.果汁のろ過

一番渋・二番渋を混ぜてろ過し、濃度を整えます。
濃度を整えると、少し乳白色になりました。

熟成貯蔵
7.熟成貯蔵

タンクへポンプで吸い上げ、中で寝かせることにより熟成・発酵させます。
タンクの内側は、柿渋との化学反応を防ぐため、鉄ではなくホーロー製となっています。

柿渋完成
7.完成

1年以上発酵させた後、出荷前に100度の蒸気で熱殺菌すると、深い茶褐色の柿渋が完成しました。

綿から染色

「柿っ子ちゃん」の柿渋染めは、糸に紡ぐ前の100%オーガニックコットンを
綿(ワタ)から染める独自の実用新案「トップ染め」という技術を使用しています。
そのため柿渋の繊維一本一本の内部まで浸透し染まり、
他には無い柔らかさとその消臭性や抗菌性などの効果が長時間持続します。
また、“洗濯しても効果が続く”というのも大きな特徴です。

縫製も自社工場

お客様の肌に触れているものだからこそ、お届けするまで自分たちの元で手掛けたい。
「柿っ子ちゃん」のインナーは一枚一枚、自社工場で心を込めて縫製。
メイド・イン・ジャパンの安心品質にこだわっています。
縫製中

ページ上部へ戻る