ブログ

コットン(綿)を育ててみる!第12回【種のまわりに食い付く綿】

10月に入っても次々とコットンボールが弾けています。


合計7本の綿の木からこれだけの量ができていますが、まだまだ半分ほど。

このフワフワの中に種がいくつか入っているので、種と分離する必要があります。


たくさん採れた綿

こんなふうになってるんだ〜(*´ω`*)
と感動もそこそこに、分離の作業が非常に時間が掛かるということに驚きました。


種の中から綿が生えてるのかな?と思うくらいの食い付きっぷりです…
専用の道具があるそうですが、今はなにもないので取り敢えず手作業でやってみました。


絡む綿1
絡む綿2
絡む綿2

正直、非常に骨の折れる作業です。
機械が欲しい!!笑
youtubeにもアップしていますので、食い付きっぷりをぜひ見てみてください。
→コットンの種はとっても取り出しにくい

関連記事

ページ上部へ戻る